SEO対策を考える時

googleキーワードツール 
をよく使います。

他にもあるんだけど、とりあえず今日はここを。

SEO対策って何?って言うと、

検索エンジンで検索される時、どんなキーワードで検索されたいか?を考えて、あらかじめHPをそれに対応させておくと言う事を言います。
(おおざっぱに言うとね)

だから、美容院のホームページ作るのに、居酒屋ってキーワード登録してもしょうがないよね。
そんな感じ。

だから、そうすると競合が多ければ多いほど検索結果の上の方に出ないから、細かいキーワードもたくさん入れていく事になる。

いや、もちろんすでに大きい会社でネームバリューがあって・・・ってなら問題ないけども。
純粋に商品やサービスの魅力をアピールするサイトでいいと思うけど。

世の中のほとんどの会社やサービスのHPはそうでもないので、そこをうまく考える必要があるんですよね。

個人的によく考えるのは

店名・会社名・サービス名・施設名・・・
地域・都道府県・最寄駅・エリア・・・
売り文句・キャッチフレーズ・・・

この辺はある程度定番。
誰でもやると思う。

意外と忘れられてるのが、略語だったり、略称、通称とか、たまに検索間違いでも登録がありえる。

早くキーボードを打っていてつい打ち間違えたまま検索したけど、目当ての物が出てきました!
なんてのもいいよね。

それ以外にも何かないかなぁーーうーん。。。

なんて迷った時に、冒頭のキーワードツールを使って、調べるのです。
Googleに登録してると、もっとたくさん出てくるけど、登録してない人でもある程度調べられるから、取っ掛かりとしてはとてもいいと思う。

ここに、例えば「美容院」って入れると、それに関する言葉が色々出てくる。
検索結果
 

「美容院 クーポン」 とか 「美容院 メンズ」に混じって地名もたくさんありますね。

また、真ん中の競合性って言うメーターが大きいのは、ライバルが大きいキーワード。
その右の数字が、検索される頻度の大きさ。

なんで、ボリュームが大きくて、競合性が低いキーワードが狙い目って事です。

簡単に言うと、ですけど。

最近は、SEO対策のキーワードを考える時に【ロングテール】って言う考え方が徐々に一般的になっている。
ようです。

まぁ、これはまたの機会に。

Adwordsは、SEMでも使うんで、勉強しておいて損は無いかも。

ではまた!