Shop Togetherと言う技術がある。

ECサイトで一緒に話しながら商品を見ると言うサービス。

話すのはチャットである。
初期は【楽天プロダクト】内での限定だが、今後拡大するとの事。

http://journal.mycom.co.jp/news/2011/11/25/070/index.html

正直、自分の中ではこれが広まるイメージがまだ掴めないのですが。

友人とチャットしながら買い物します?
リアルとの融合と言う意味では、実際に試着したりして「これどうかなぁー?」みたいな感じが想像出来るんですけど、日本ではどうなんだろう。

普通に商品ページアドレスをメールで送って。。。じゃダメなのかな。
楽天内でやる事に意味があるのかもしれないけど。
スカイプでもWindowsLiveでも、同じ事が出来る訳ですし。

チャットかぁ。。。
どんなUIになるかも重要ですね、複数の商品を画面上で比較しながらチャット出来るのであれば、それは面白そうな気がします。

ビデオチャットだとなおさらですよね。
アメリカはチャット、動画文化が定着しているので、Facebookでも画像よりも動画の方が「いいね!」される数が多いと言う統計が出ています。

しかし、日本では確実に画像の方が「いいね!」率が高いんですよね。
なので、このチャットを使ってと言う部分がどうなのか?

あの楽天が無料でサービス展開をしてる意味でも、お金を取れないサービスだと判断したんだと思います。

まぁ、いいんですけど。
みなさんはどうなんでしょうか?
チャットで話しながら買い物をしたい相手っていますか?

いや、いるのかもしれない。
特に主婦やF1層はかなり食いつくかも?

井戸端会議の延長で、楽天でサイトを見ながら友人と買い物を。。。

より固定客化する可能性はあるのか。

楽天ヘビーユーザーの動向をもう一度考えてみます。

ではまた。
図解入門ビジネス 最新ネット企業の新技術と戦略がよーくわかる本 (How‐nual Business Guide Book)

長橋 賢吾 秀和システム 2011-09
売り上げランキング : 51698
by ヨメレバ