最近はソーシャルメディア関連のニュースを収集していると、あまりにも最先端のスピードが速すぎて、実際に日本に定着するのははるか先になってしまうんじゃないか。。。と思う事があるんですよね。

仕事で知り合う人やIT業界以外の人と話すと特にそう感じます。

まだまだ、ブログやホームページで精一杯。

Twitterは登録しただけ。

mixiはやってるけど、仕事になるの?

facebookは名前だけ知ってるくらい。

Google+って、Googleと違うの?

と言うか、最近衝撃的だったのが、Googleをグルグルって呼ぶおじさんに会った事です。

いや、もう都市伝説かと思ったんですけどね。

それこそマウスでディスプレイを突っつくような。。。

ソーシャルメディアって本当に広まるんでしょうか?


でも、きっと5年後には当たり前になってると思うんですよ。

少なくとも大都市圏では。

いや、本当なら産業の少ない地方こそ推進していかないといけないんですけどね。

成長、拡大が止まったコミュニティの中に所属しながら、さらなる成長を求める場合。

コミュニティ外からどうやってリソースを、日本の場合なら外貨を獲得するか?

と言う1点に尽きるんですよ。

日本国内だけで勝負すると、消耗戦になるのは目に見えてますからね。

そんな危機感がある人こそ、早くソーシャルメディアについて勉強し、ITリテラシーを高めて、商材や商品やサービスを海外に対してアピールしていかないと。

大企業よりも中小企業こそ、少しでも早くやらないといけない。

理由についての詳細はまた、次回以降に。

ただ言えるのは、ソーシャルメディアをうまく使って、海外と繋がる事が出来れば、現在の閉塞感ある日本の中でも大きな成長が出来る。

可能性がある。

のは間違いないです。

可能性にかけてみたいと思いませんか?

※コメント頂ければ、本業だとお金をもらってコンサルしてる内容について、軽くアドバイスできますので

ではまた。