ホテル・旅館業界でFacebookを利用する事例が増え始めているので、ちょっと書いてみます。

ウェスティンホテルは4月にFacebookページを立ち上げました。

ウェスティンホテルではファンになった方にイベント情報などを発信し、自社のWEBサイトへ誘導するという方向で運営しています。

メインの利用法としては キャンペーンを用いた集客ですね。

FBページ :  https://www.facebook.com/westin.osaka 

WEBサイト :  http://www.westin-osaka.co.jp/ 

また、自社サイトにも部屋情報やキャンペーン、全ページのフッターにRSS、Twitter、Facebookと言ったソーシャルメディアグラフを付けており、相互にユーザーが移動する事で、よりホテルの魅力を伝えやすい環境になっているかと思います。

運営を開始してしばらくは、【いいね!】もあまり増えずに90名程度だったようですが、昨年の7~8月に、4万円相当の宿泊券が当たると言うキャンペーンを実施してから一気に1700人を超えるまでに【いいね!】が増えたそうです。
【2012年2月7日現在:3047人】

このようにキャンペーンを行っても、以前であればそれっきりの関係で、メールアドレスを収集して送ったとしても、すぐに解除されたり、普段見ないフォルダに振り分けられてしまったり、削除されたりと、中々実績に繋がりにくい部分はあったのですが、Facebookであれば、定期的に情報を出していれば、自動的にユーザーのウォールに情報が届くと言うのが大きいと思います。

そして、「いいね!」や「コメント」、「シェア」により、そこからさらに広まる可能性があるんです。
※メルマガじゃ転送してくれる人なんて、まずいませんからね。

これが非常に効果が大きいんです。

特に【自分達の事を知ってくれさえすれば、絶対にいい物だと思ってもらえるのに】 と思っているような商売をされている方。

間違いなくFacebookページを作ってみるべきです。

少しでも早くしないと、ライバルが先に開始したら、その情報も永遠に残り続けるので、大変ですよ。

よく飲食店で【明治○○年創業】のような看板を掲げて商売をしているお店がありますよね?
早く始めるだけで【伝統がある!】と言うような非常に効果的な売り文句が出来るんです。

これは本当にお勧めです。

今しか無いでしょう。

ご連絡頂ければ、無料でご相談に乗ります☆

相談して、話を聞いて、その気になって、もしやらなくても。。。無料です(涙)

☆こちらも見てみてくださいね☆ 

ではまた。