仕事してて、自社サイトのコンサルしてるお客さんから、楽天市場やYahooショッピング、オークション何かのサイトってSEO対策出来るの?って話をたまーに聞きます。

僕はコンサルメインでやってるから、SEO対策については知識はあっても、あんまりお勧めしないんですよね。

何故なら、通常のHPや自社サイトのように、Google、YahooでのSEO対策とは方向性が違うからです。

GoogleやYahooは、基本的に登録は無料ですし、サイトを作ってドメイン登録すれば自動で(時間は多少かかるけど)クローラが回って来てインデックスしてくれます。

ペナルティーを食らったサイト以外はほぼ全てのページが表示されると思っていい状態。

無料で。


なので、検索エンジン側がサイト運営者に対して遠慮する事なく、検索エンジンを利用するユーザーにとっての利益を第一に考えて運用する事が出来る訳です。

つまり、完全中立。
GoogleはGoogleの考える理想とする検索エンジンに向かって突き進んで来たし、これからも突き進んで行く事でしょう。


しかし楽天市場やYahooショッピングについて。

各店舗から、出店費用や日々の売上から数パーセントと言う形で徴収しているんです。

つまり、出店者はお金を払って検索エンジンに載せてもらっている。

こういう状態で、GoogleやYahooのように古くから運営しているサイトが有利としていると、新規オープンしたお店程どんどん不利益を被るようになってしまい、売上が上がらずに退店してしまうと言う流れが確立してしまう訳です。

楽天としては、ピラミッド構造を縦に長く作るより、バランスを維持しつつ、なるべく底辺を広げて大きくしていく事が理想のはず。

と言う訳で、新規オープンのお店にもなるべく売り上げを上げてもらい、競争に参加して欲しい。

そこで広告」と言う事になるんだけど、楽天ECCは自分の成績のために広告ばかりを店舗に依頼し、各店舗運営者が、【楽天は広告費を取るだけ取って、何のアドバイスもしてくれない!】と憤る事が多発してる訳です。


でも、本当に広告を出さないと売上って上がらないんでしょうか?
楽天に出店した人達は、いきなり爆発的に売れるような商材を持っているんでしょうか?


やり方さえ誤らなければ、ちゃんと売上を上げて行く事は可能なんです。
広告だって、出してちゃんと売上が上がるようなお店にしていけばいいんです。

その辺の戦略はお店や商材毎に違ってくるのでここでまとめてとはいかないんですけど。
もし興味がある方は、Facebookページから質問して見て下さい~。

ではまた。