前回ネットスーパーの話を頑張って書いたら少し疲れた。。。

気を取り直して。
ECサイトのコンサルをやってるとよく耳にするんですけど

「ネットショップ実務士」

って言う資格があって、それを取りたいって言う人が周りに少々います。

最近は、勝手に流行りそうな業界に民間団体を立ち上げて、資格を作って人集めをするって言う資格ビジネスが増えている事もあり、実際にこの資格って有効性はあるのか?と思って調べてみる事にしました。



と言うか、まだ知らない事が多過ぎるので受けようと思ったんですけど、レベル1を受けた人から教えてもらった問題集の内容が簡単過ぎて、ちょっとびっくりしました。
え、これで?レベル1??
最高でどこまで上がるんだろう?と思ったら

レベルはネットショップ実務士補、レベル1~5 の6段階


実務士補。。。あの簡単なレベル1のさらに下がある訳です。
これってちょっとしたコンプレックス商法のような。。。?
自信が無い人に、まずはここから!って言うレベルを設定して、トータルで受講する回数を増やして受験料を稼ぐような。
特にEC業界は今後発展が見込めるし、もちろんそこでうまくやれるか否かで成果は変わって来て競争が激しくなると同時に、どんどん関わっていく人が増えて行く事が予想される。って事で。
最初に裾野を広げる意味でも、ハードルを低く設定して来たのか。
やはり、一番最初に低いレベルでも資格を取ってもらったら、上のレベルに挑戦したくなるのが人間と言う物。

だがしかし。
全くやった事が無い人であれば実務士補の内容でもいいかもしれないけど、インターネットの動きとか業界の話とかなんで、仮に取ったとしても使い道ないし、やってるうちに覚えるよ。こんなの。

って事で、とりあえず最低でもレベル1から取得する事をおすすめ。

もちろん、インターネットって何? とか ネットショップってどうするの? とか
サーバーって何? メールの設定ってどうやるの?いいお店とダメなお店の違い、等々。
楽天市場やYahooショッピング、Amazonで1人で買い物が出来ないとか。

そういう人は実務士補から受けた方がいいかもね。。。


ネットショップ0-1

レベル1の範囲でも、業界動向とか、ビジネスマナーとか入ってるんで、果たして資格名としてどうなのか?って言う気もしないでもないけど。。。
1つの資格でここまで範囲を広げちゃうと、 全ての Web系の資格の初級で同じ事を学ばなきゃいけなくなりそうだ。。。

顧客対応とか、クレーム処理になると大変だよねー。
知識として知ってても、すごいクレームとか来ると、中々知識だけじゃ対応出来ないから、経験から学べる事をコーチングするような感じで学べる内容だといいんだけど。

サイト運用、ページや要素、専門スタッフとのコミュニケーション

これって、店舗を運用する時にここをこーしたいとか、あーしたいって時の用語とかを知ってて、デザイナーやコーダーと話が出来るって事でおそらくいいんだろう。
出来ない人もいるもんね。
顧客の気持ちを理解出来るって言うのは確かに必要。

これが分かってない店舗が余りにも多いから、コンサルしてて本当に困る。

あとは、商品を仕入れて、商品を写真撮って、売り文句考えて登録して、保管して、受注して、梱包して、発送して、フォローして、って言う流れが分かってれば問題無さそう。

こういう時はどうする? みたいな考えさせられる問題がありそうだけど。
そこさえクリアできれば、正直誰でも受かるはず。

と言うか、この辺は軽く受かる人が増えてくれないと、業界的に盛り上がっていかないからみんな頑張ってください(笑)

次は、レベル2の内容を調べてみようと思います。