ネットショップ実務士の話を一旦休憩して、ちょっと気になるニュースがあったので書いてみる。

元記事:ITメディアニュースはここ

日本でもつい先日までベータ版で公開されてたGoogleショッピング。

http://www.google.co.jp/shopping

これが、いつの間にか徐々にマイナーチェンジを繰り返し、すごく見易くなっていたんですよ。

やはり、分かり易い商品の画像があるだけでイメージが違う。

そして白い背景。

変な色が付いてなくてフラットな感じがする。

純粋に「いい商品を選ぶ」と言う行為に特化しているイメージ。


日本だと、ドン・キホーテや楽天市場、ヴィレッジ・ヴァンガードのように新聞の折り込みチラシ的なゴチャゴチャした方が(多少探しづらいにしても)好まれる傾向にあったけど、もっとECが広まればこんなシンプルなデザインに近付いていくんじゃないかな?
もちろん、楽天的な物も両極端として残るとは思うけど。

ECが世界と繋がっていくとすれば、日本向けのECサイトと世界(英語圏・アジア)向けのサイトでは文言だけでなくデザインも変えて行く必要があると思うので。

商品が見易く配置されていて、その時期毎に注目度が高そうな商品が並んでいる。

Google ショッピング


これに選ばれるかどうか、ってのは出店してる側からしたら大きな問題だと思うけど、実際に運用レベルではどうなるんだろう?

現状は、無料でコードを発行して、自分のサイトに貼り付けるとクローラーに収集されて、ここに表示されるようになるんだけど。
日本でもこの先は有料になるんだろうか?

BETA版から通常版になってるし。

有料化されたら、今まで商品を探すのに、ネットを使って検索してた人が、AmazonやYahoo、楽天市場に流れていた物のうちの何割かが、Googleショッピングのお店に流れるようになる。

これってえらい事ですよね。

純粋に検索のランキングと、広告の入札価格により、より高度な運用が出来るようになるとか。

つまり。

ますます、出来るお店と出来ないお店が広がっていくと言う事ですね。。。

Googleとしては、検索ワードによって

  • 情報が欲しい人には情報ページを
  • 買い物がしたい人にはショッピングページやECサイトを
  • 目的地までの経路が知りたい人には乗換案内や地図を
  • 画像が見たい人には画像を
  • 動画を探してる人には動画を
  • etc・・・

ユーザーが見たいと思ってる物に対する答えを最短距離で提示する道筋を示す

と言うところに尽きるのかなと。

また何か動きがあったら書いてみます。

ではまた。

無料でネットショップ、ホームページが簡単に作れるWebサービスが続々増加中で話題沸騰。