スーパーセール延長で沸く楽天市場ですが。

徐々に頭打ちの感もある国内市場でさらに影響力を高めるために色々と施策を練っているようです。

2012年6月4日時点で
楽天市場 37,750店舗
楽天ビジネス 1,021社
楽天トラベル 89,093社

総計127,864

商品数は101,000,463点

この商品数ってトラベルとかも含まれているのか?

もし含まれていないとしたら、1店舗当たりの商品数は2675商品

かなりの数だな。。。

これってビジネスとかトラベルも含まれてるかな?

ちなみに、ビジネスに関しては微減、楽天市場とトラベルに関しては微増でした。



そんな状況の楽天市場ですが。

さっきも書いたように、徐々に天井が見えてきたんですよ。

つまり、楽天市場内だけで人を回して売り上げを上げて行くと言う部分での限界が近づいてきた。

楽天カードやFX等の楽天証券の売上もあって好調を維持しているようだけど。

こと楽天市場に関して言うと、やっぱり頭打ち。

そこで。

一般的に外からの流入となると、GoogleやYahooの検索エンジンからって事になるんだけど。

楽天Goldなら多少は違うが、基本的にほぼ全ての店舗が古いテーブル構造でページを作っている楽天市場は、とにかくSEO的に弱い。

何故なら見にくい、探しにくい。

Amazonのような階層構造と比べると、相当な開きがある。

と言う訳で、Googleショッピング有料化の話で 先日も書いたけど。

楽天はGoogleショッピングに登録が出来ていない。

つまり、楽天市場で物を買う人の大半は、【楽天市場】をブックマークに入れるなり、検索するなりして、トップページから商品を探しに来る。

って流れになってるんですよ。

しかし、これから全店舗に対してテーブル構造を改めてHTMLとCSSで作り変えて。。。

なんて言ってたら、どれだけの店舗が退店するか。

今後の更新すら簡単に出来ないし、それを出来るようにするCMSを今から作るのも。。。

以前の楽天カンファレンスでも今はスマートフォン対策が最優先で、そういったCMSの使い易さやSEOの部分については言及していなかったので、もし改善されるとしても来年後半とか再来年とか、そういうレベルの予感。

と言う訳で、手っ取り早く。

GoogleAdwordsに出して来ました。

台湾茶をGoogleAdsense


【台湾茶】って言うキーワードでGoogle検索した時に

【台湾花茶大特集】 と言う文言で、第4位に表示されてます。
※検索結果のすぐ上に第1位、右上から2,3,4と続いてます。

んで、そこをクリックすると、特集ページに行くのかと思いきや。

台湾茶をGoogleAdsense2どんっ!!

普通に、楽天トップから【台湾 花茶】で検索した結果に飛ぶだけ。

これであれば、たしかにわざわざバナー作って特集ページを組む必要もなく、量産する事も可能。

それで、安い単価でロングテールキーワードを狙って、その検索結果のページをバシバシ割り当てていけばいいだけで、外部からのアクセスが(ある程度)期待出来る。

ただ、これって直接楽天の利益になる訳じゃなくて、店舗の売上に繋がるって感じだもんなぁ。

ちなみにGoogleキーワードツールで調べたところ

月間検索ボリューム 22,200
ローカル検索ボリューム  4,400
おおよその上限クリック単価 51円

って感じだ。

どのくらいクリックされてるか分からないけど、このレベルのキーワードだと。。。

しかも、仮に100クリックで1購入(1%) であれば、5,100円の広告費で1件の販売。

楽天市場で商材に多少違いはあっても、メインに売れる商品価格帯は2,500円~3,500円くらい。

そう考えると、1人獲得当たり2個以上の購入が無ければ、店舗にとっては効果マイナスだし。

そもそも、2500円の物を売っても、原価がある以上、利益率が40%前後で考えたら、最低でも5個は売らないといけない。

しかも。

そこから楽天に入るのは、店舗の売上の1%

100倍売らないと。。。

だから、これは完全に楽天の持ち出しって事になる。

以前から、「アンダーアーマー」とか「ルコック」とか「アシックス」とか、AmazonがAdwords広告を出してるところに、楽天もぶつけてきたりってのはあったけど。

検索結果がAmazonの方が楽天市場よりも見易いのもなー。

※バナー1つ使うだけで、雰囲気変わるんだけど。

それはともかく。

こういったちょっとマニアックな食品のキーワードまで、対策してくるって事は。。。

楽天が本気。。。と言うか、必死に顧客を増やそうとしてるんだな。

ポイントサービスの肝だもんね。

Amazonに取られたら、、、

楽天市場の根幹が揺らぐ事態になりかねないので、頑張りますよね。


と言う訳で、店舗の人は、この辺も調べて、SEO対策する時のキーワードも考えたらいいと思う。

調査依頼やご相談は随時受けてます!(FBページから)


ただし、絶対に上がらないキーワードは事前に無理とお断りするので。

それでも上げたいって人は、上がるか分からないけど、夢を持たせてくれる業者にでもお願いした方がいいと思います。

頑張ってください。 (絶対に上がらないキーワードがそこにはある 笑)

ではまた。