最近、色々なファッションカテゴリを見てるんですよね。


そんな中、前から思って事だけど、最近改めて思った事を書きます。


まず、amazonとか、ワールドとか、メーカーのオンラインショップとか、zozotowonマルイmfmとか、色々も見てるんです。
なるべく広い範囲のサイトを見てみたいんで、メジャー、マイナー問わず色々見てます。

そして、各モール、ホームページの中からボトムス、シャツ、トップス、アウター、バッグ、シューズ・・・と言った色々なジャンルを見て降ります。



そんな中に分かってきた事。

やっぱり、楽天って特異な存在と言うか、他と決定的に違うところがあるんだよね。


それが。


検索結果画面


検索をするって言う事は、目当ての物を探してるか、何かいい物が無いか?と思って探しているって事で。

好きなキーワードで探した時の結果で、これがどれくらい見やすいかってすごい重要。

せっかく探してるのに、結果がどうしようもない物ばかりだと、探す気も無くなってしまう。


ファッションECサイトでも、いい商品があってそこから人が入って来て、別の商品を見たらダサかったとしたら。

これは残念。

かっこいい商品を置いてるなら、お店自体もかっこよくあって欲しいですよね。


例えば・・・



楽天で「クロップドパンツ メンズ カーゴ」 とかで検索すると。



全く同じパンツがずーっと続く。


同じ店舗がずーっと続く。


同じ画像がたくさん並ぶ。


30個ごとに次へ、次へ、次へ・・・と。


欲しい物が見当たらない。

実店舗に入って、ちょっと良さそうなパンツを見つけて、そのラックに下がってる(もしくは棚に並んでる)商品を順番に見て行ったら、いくら見ても同じ物ばかりって事と同じ状態。


そして商品ページの商品写真も3枚まで。

縫い目や、切り替えし、ポケットの付き方、ファスナー、ベルト、ベルトループ等の細かい部分を見たくても見れない。

差別化を計ったりするにも3枚じゃ、モデルが履いてる写真(正面、後ろ)、他の色とかで精いっぱい。


これじゃなぁ。。。。

このままダサい楽天市場が継続すると、いったいどんな事が起こるのか?

今後の楽天のファッションカテゴリはどうなるのか?

ちょっと考えてみました。


【店舗側】


・ブランド力のある店舗は、実店舗や、自社サイト、ファッション専門ECモールに出店が増加。


・入り口商品以外のこだわり商品が売れないようになるので、全体的にファストファッション化していく。 


・自社商品の無い小売店が薄利多売の傾向高まりにより体力低下、退店数増加。


・相対的に、楽天での売上げが減少。


・売れる商品が均一化


・流行に偏った商品の増加


・客単価の低下 


・商品の種類の低下


・海外商品の並行輸入品の増加



【ユーザー側】


・本当にファッションが好きな人は、安い商品だけを楽天で買うようになっていく。


・一転豪華主義、こだわりの服、アウター、プレゼント、その他こだわりたい物は、実店舗や別モールでじっくりと調べて買うようになる。


・メーカー、ブランドから新入荷の商品は楽天では売られないので、魅力が減少


・「楽天では安い物を買う」と言う購買心理が強くなっていく。


・ブランド物も、価格競争が激しくなっていくので、検索後に値段が安い順に並べ替えるようになる。



なんて事が短・中期的に考えられると思います。


つまり、楽天の魅力が減少していく。


ページがダサいって言うのは結構致命的だと思うんですよね。

ネットで買う際の利便性の1つとして、「比較し易い」と言う部分があります。

逆に言うと、お店は他と比較され易い。

モールも他と比較され易い。

比較ポイントはどこか?

価格だけじゃないでしょう。

もし価格だけで勝負するなら、ファストファッションと言うライバルも出てきます。

ネットで商売を成功させている店舗が追及してるのは、総じて【高付加価値】なので、その点でも逆行している事になるんですよね。


zozotownmfmマルイはファッション分野に特化してるからもちろんだけど。

amazonファッションも、商品の情報はしっかりしてるので。

今後は偏っていくんじゃないでしょうか。

あれだけ買い易くて頑張ってるzozotownですら、徐々に頭打ちになってるんです。

これからどんな作戦で出てくるか?


ちなみに、参考までに楽天のメンズファッションカテゴリはこんな感じ

と言う訳で。

ではまた。

じゃあ、うちのお店はどうしたらいいのか?

アドバイスはいつでもECコンサルのFacebookページから。