NTTdocomoがネットショップ、ECモール分野に進出するとの事。

本日の産経ビズでニュースになってました。

これで、今まで買い物をしていなかった若いユーザーがスマホでショッピングをするようになれば、市場の拡大に繋がるでしょう。

「dマーケット」と言うプラットフォームがあるので、そこで販売する商品がデジタル商品だけでなく、リアル商品でもいいだろう。と言う事なのか。

iTunesと戦略の方向性としては似ている。

スマートフォンに特化していると言うのも特筆すべき点かもしれない。 

ただ、日本のECは成長分野とは言え、そろそろ速い店舗は海外展開を考えている状況だ。

そこにドコモが出てきて、どこまで戦えるのか?と言う疑問も残る。

プラットフォームとして、グループ企業以外の多数の出店者を集められるかどうかは、それがどのくらい魅力的なモールかと言う所に尽きる。

もちろん、母数の大きいドコモのスマートフォンユーザーに対して、アプリをダウンロードする際に色々な導線があれば、それは魅力的な場としては映るだろう。

しかし、結局は他のモールとの戦いになってしまう。

ドコモにどこまで出来るのか?
楽天、Yahooの牙城は崩せるか??
 

疑問がたくさん残る。

なぜなら、楽天はリアルと繋がりながら、積極的に海外展開を推進していて、成功も失敗もあるがノウハウを蓄えている。

すでに東南アジアのインドネシアでは規模は大きく無いものの、スタートダッシュを成功させている上に、非常に強力なポイントでユーザーの囲い込みを続けている。

日本トップのECモール、楽天は強大な組織を作り上げ、非常に大きなユーザーを囲いながら規模の拡大を続け、スーパーセールでは、26時間で100億を超える売上を上げ、楽天トラベルやその他と合わせて370億を達成。

世界でもAmazonに対抗しうる数少ない企業とされています。

そこで楽天サロン楽天モールと言った、生活に直結した部分に徐々に進出をしてきており、さらに盤石な体制を築こうとしています。

また、すでにYahooはTポイントと連携し、今後はリアルとネットを連携し、さらに遅れてはいるが、YahooショッピングとYahooオークションの合併も計画されている。


この2強は非常に強い。


仮にドコモポイントを付ける場合でも、docomo関連でしか使えない。

楽天、Yahooはすでにネットだけでなくリアルでもポイントを貯めて使える環境を整備し始めている。

この差は非常に大きい。

こうなると
・当日に届くのかどうか。
・送料は無料かどうか。
・金額は安いのか。


等、どれだけユーザーに対して訴求出来るか?が

すでに会員数の多いmixiモールとDeNAの合弁もまだまだで、クルーズモール半年程で閉鎖に追い込まれる程の状況。

本気でドコモの強みを生かせないと、先は無いんじゃなかろうか。

ECサイト、ネットショップ業界が拡大しているとは言え、ただ始めるだけでは、Amazonには追いつけないし、勝てないぞ。


さらに、これだけ海外戦略が重要になってきている状況で、docomoのスマートフォンは昨年1年間に海外向けに全くスマートフォンを売れていない。

「国産スマホ輸出「ゼロ」」 News i - TBSの動画ニュースサイト

sam

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5079018.html

去年1年間に日本で生産されたスマートフォンはすべてが国内向けで、海外への輸出分はゼロだったことが明らかになりました。 

総務省がまとめた報告書によりますと、まず去年1年間の世界の携帯電話市場で、日本メーカーのシェアが6%にとどまった一方で、 
韓国や台湾などアジア地域のメーカーのシェアは38.2%に上ったことが明らかになりました。 
また、日本で生産された製品の海外輸出がゼロですべてが国内向けだった一方で、アジア各国で生産された製品の輸出は74.3%にも上っています。 

こうした実態を受けて総務省では、 
スマートフォンなどの成長分野で日本の国際競争力が低下していることや、円高などの影響で産業の空洞化が深刻だと指摘。 
2020年までに10兆円規模の新たな産業の創出を目指すなどとする基本戦略を今月末に示す方針です。

この状況で海外戦略は相当な無理がある。

i-modeの輸出も、海外には馴染みの無いシステムであり、浸透は難しいと言われている。

コンテンツ配信ビジネスでも、AppleやGoogleに大きく水をあけられている。


と言う訳で、状況は非常に厳しい物の、docomoなら、そこそこには仕上げてくるんじゃないでしょうか。

そして、そこそこの企業が出店はしてくれるものの、そこそこで終わる気がする。

東南アジアとヨーロッパをどう攻められるか?が肝ですね。

それでも、NTTの内部を見てると、楽天やYahooのスピード感には絶対追いつけないだろうな、と思う。


個人的には、そこそこの物が出来上がったけど、うまく回せないと言う頃に、楽天かYahooか、淘宝网(タオバオ)かGoogleかどこかに買収されて、ユーザー引き連れて合併して、ますます群雄割拠に。。。

と言うストーリーが見えるような気がします。


あなただったら、docomoをどう思いますか?