以前から言ってましたが、テレビ視聴中のソーシャルメディア利用が非常に多いと言うデータが出ました。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20120829/419026/?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter 

20代と若い世代で6割以上のユーザーがテレビを見ながらソーシャルメディアを利用しています。

テレビ番組は【ニュース、報道番組、スポーツ】が特に多い。
10代は【アニメ・マンガ】が多い。

 そう言えば、以前別のニュースで
テレビは若者と老人のメディア
と言われていましたが、その傾向も出ている気がします。

20代後半から40~50代の方は本当にテレビを見ないですからね。

見るのと言えば夜のニュースくらいでしょうか。

特に関東近郊にその影響が強いです。



つまり。
全てを総合すると

【地方の人】
【若者】
【スマホで買える金額】

の3点に合致する商材を扱っているネットショップはチャンスですね。

ソーシャルメディアに情報を乗っけていけるような戦略を考えていきましょう。

例えば。

【Twitter】
視聴率を集めているテレビがやっているタイミングで更新を集中
※関連商品だったりするとなお良い。
※あんまり売りっ気を出しても反感があるので面白い情報と合わせたり普通の感想を出したりして、まずはフォロワーとの接触ポイントを増やす。
※親近感が増す。

【Facebook】
長期間に渡ってタイムラインに表示され易いので、商売っ気を出さずにアピール。
無理矢理はせずに、単純にFacebookを開いているユーザーが多いと言う事なので、その時間帯に合わせて更新するだけでも良い。


これくらいだと、大体お客さんに提案する内容の10%くらいなんですけどね。

他にこんなのも。

【ブログ】
話題になるテレビ番組は大体決まっています。その内容を絡めた内容を更新するとよい。
大体、当日夜から翌日にかけての検索エンジンの【急上昇キーワード】や【キーワードランキング】に出てくるので、それが入ってるだけでアクセスがアップする可能性が非常に高いです。

よくドラマだと、画面のキャプチャを撮ってファッション系のお店が使ったりするのがうまいやり方だなぁとは思いますけど、芸能人の顔が見えちゃうと、肖像権的にどうなんだろう?

ドラマの中で食べてた物から、自社商品に繋げたり。
旅番組、グルメ番組も使い方によっては面白いと思いますよ。


最近だと【ほんまでっかTV】【ワールドビジネスサテライト】等の情報番組が面白いかと個人的には思います。

続きは、気の向いた時かお客さんだけに(笑)

ではまた。