AmazonでCDを購入すると、自分のアカウントサービス内のAmazon Music Playerにその購入した楽曲のMP3形式のファイルが保存されると言う。

そんなニュースがありました。


_V401840318_


AutoRipって言うサービス名なんで、自動録音みたいな訳し方がいいのかな。
4大レーベルで5万以上。

これですごいなと思ったのが、【PCから曲を保存(録音)する手間】 を完全に省いたって所かと。

僕はAmazonでCDを買った事が無いんで、AmazonMusicPlayerがどんなもんか分からないですけど。

自分で買ったCDや、借りてきたCDをiTunesに入れて、そっからiPodに入れてって言うのが意外とめんどくさかったりするんで、段々iTunes Storeで買ってすぐiPodに入れるのもいいなと思っているところです。

そうすると、AmazonとAppleがバッチリ競合しますね。


CDが欲しい人って、やはり所有欲がある人なので、男女差で言ったら男性側に寄るかと思います。
AKB48や桃色クローバーZが売れていたりするのも裏付けられるかと思いますが、基本的に女性は収集欲が旺盛な人が少ないですからね。
ファッションカテゴリーになるとまた別なんですが。

となると、Amazonではアイドル系や男ウケしそうな音楽が増えて行くような気もします。


そのうち、廃版になった音楽やマニアックな音源とかCD化してない楽曲を集めて、Googleも参入してきたりするかも。。。あ、GooglePlayではもう使えるのか。

あとは、どこが楽曲をどれだけ集めるか?

GoogleとAppleはデータだけですが、これからはこちらが主流になるのか。
それともCDを欲しいと言う層はビジネスとして成り立つ程度には維持されるのか。

気になるところです。

参考URL
Amazon、購買CDのMP3を無料提供する「AutoRip」を米国でスタート