すこーし前にちょっと気になった記事から。

あ、関係無いですが、最近Pocket(Read it later)をよく使っている僕です。

朝の電車内で斜め読みして、気になるのだけPocketに突っ込んで。。。あとで読むのが多過ぎるのが難点です。


pocket

そんな訳で話を戻しますが、こうやって「後で読む」的な行動パターン。
ネットショップでも結構最近はよく見かけるようになってきたんですよね。

カートに突っ込んでおくとでも言うんですかね。

とにかくまぁ、出先やテレビを見ながら、スマホでパパッと検索して、ちょっとでもいいなと思ったら、カゴに入れたり、お気に入りに入れたり。

それで、そのまま忘れてしまうパターンもあるんだけど、後で会社や自宅のパソコンの大きな画面で見て、じっくり選んでから買う。

そんな行動パターンです。

もちろん、商材にもよるんですが、例として以下の所に当てはまる物は、この傾向が強いような気がします。
  • 女性がターゲットの商品
  • 金額が少し高い。 (3,000円以上)
  • 定価がそれ程決まっていない (本以外)
  • 重くて持ち運びが困難で必需品では無い (インテリア等)
  • 種類が非常に多い (iPhoneケース等)
もちろん、これ以外にも色々あるんですけどね。

ザックリと、ここのリストに3個以上当てはまるのであれば、そう言った意味からも、ページ制作や運営に活かしていくと、数字に表れてくるんじゃないかなと。

思います。

楽天市場でも、こういう傾向が結構強いんですよね。

今後は、この検索エンジン(GoogleやYahoo) が表示した結果から、お気に入りやカゴに入れるのが直で出来るようになれば、もっと強いなぁ。
Googleショッピングが進化していけば、Amazonや楽天、Yahooに行かずにカゴに入れる事が出来るようになるかも。

方向性としては、そっちに行くんでしょうけど。

その辺は、またの機会に。