楽天のスーパーセールが終わったので、その集計に追われてるとこです。
大変です。

大変じゃないお店は、逆に大変です(笑)

何て言うか、売れてるお店がより売れて、売れてないお店は程々に売れて、ダメなお店はダメなまま。
そんな印象です。

楽天市場内の格差も着実に広がっていますね。

その辺はさておき、今日は面白いブログ記事があったんで、それを軽く紹介して終了です。

EC関連の取扱高もYahoo!Japanが最強なんじゃないか説を唱えてみる 

と言う話です。

以前僕もここでAmazonと楽天の比較を書いたんですが、楽天よりAmazonの方が売れてるんじゃないの?と思ったんですよね。

で、その時は調べ切れてなかったのと、ネットショップのコンサルやってるからか、楽天を楽天市場中心にしか見てなかったので、その他の関連サービス(トラベルとか)まできっちり見れていなかった。

確かに、数字の内訳を見て、それぞれを分解していくと、より具体的な数字が出てくるなぁ。

Amazonはまだ明確に出てないけど、今後タックスヘイブンが禁止されれば税金を納めるタイミングで売上が好評されるかも?

しかし、ネットショップ業界ではYahooは完全に3番手だと思われてたんで、これは意外です。

それにしてもヤフオク強いな。。。
社長が変わる以前は、YahooショッピングとYahooオークションを合体させる方向で動いてて、スケジュールがどんどん遅れて爆遅だったんですが、社長が変わってから判断も早くなって、爆速で2つに分化する方向で進んでるとの事。

確かに、ユーザー層が全然違うもんなぁ。
個人的にはヤフオクがもっと流行って欲しいです。。。

yahoo爆速
で、YahooはTポイントやローソンとも提携して、これコンビニ業界で言うとファミリーマートとローソンと提携してるようなものだし。

自社の強み弱みをしっかりSWOT分析で打ち出して、連携する所と内製化する所を明確に分けてるのも、爆速の要因な気がしてきました。

徐々に外堀が埋まってる感じのyahooですが、本丸のショッピングが大きく変革するのはいったいいつなのか?

そんなの来るのか?

でも、着実に準備は進んでると思うんですよね。

今年か来年辺り、Yahooショッピングが大きく変わるかもしれない。