カラーミー


と言う訳で、カラーミーショップが今まで一番上のプランでしか出来なかったAPI公開を全プランで公開です。

「カラーミーショップ」APIを全プランで無料提供開始!


カラーミーショップと言えば、payperboy&coが運営元なんですが、ここはGMOインターネットの子会社になってグループの一員と言う事で、GMOからのSEOの営業電話がすごくかかって来る事でお馴染みです。

そのせいで最近は評判よくないって言う噂を聞くんですけど。

あとですね、先日のGoogle先生の容赦なきアップデートにより被リンクが付いてるサイトがまとめてドカンと落ちてGMO界隈ではかなり大変な事になっていると言う噂がジワジワきております。

そんな事はさておき。

カラーミーショップのAPIが公開されてどの程度の影響があるのか考えてみたいと思います。

APIが無料になった原因と考察

これはもう、YahooのEコマース革命の影響でしょう。
無料で色々攻めてくると有料でやってる方はお金を払うだけの相当なメリット、価値を説明する必要が出てきます。
今までカラーミーショップは、日本で一番使われているネットショップ作成サービスとして売っていたので、そういうただ大きいスケールで安心させると言う意味では、孫正義が率いるYahooショッピングには全く太刀打ち出来ないのは自明の理なので、新たな戦略が確立するまでは現在の顧客が流出しないように対応していくしか方法が無いと言う所かと思う。

他のネットショップ作成サービスはどうする?

さぁ、どうしましょう。
今のところ、大きく動いた所はなく、色々と検討しながら様子を伺っている状況でしょう。
でも出店手数料や売上ロイヤリティまで無料でやられたら、自社ECサイト向けのサービスを運営してる側としての打撃は中々だと思われます。

そもそも楽天の楽天ポイントやYahooのTポイントのようにポイントが使えないので、お店が囲い込むのが難しいから本気でお店のファンを作って行かないといけない。
サービスで差別化し、ファンを作って行かないと売上が伸びて行かないんですよね。

今まではそれがお店任せだったんだけど、今後はネットショップ作成サービス側からの発信が必要かもしれない。

色々とお金を取られると文句の多い楽天市場でも、意外とこういう面では集客の企画をしたり、CMを打ったり、出店しているお店が儲かるような仕組み、サービスを考えて行動に移していたんですけど。

まぁモールと作成サービスの違いはあるにせよ、ただサービスを使わせてるだけで対価を頂くと言うサービス形態が今後は廃れていくのかもしれない。

と言うか間違いなく淘汰が始まりますね。

色々と使いにくいEC-CUBEが有料版でちゃんとした物になったらなぁ。。。


改めてネットショップ・ECサイト界隈の今後の展望を

今回のYahooショッピングの全力攻撃により大きく変わるのは間違いないのだけど、まず今年から来年の春まではそんなに大きくは動かないと思われます。

他のネットモールに出店しているネットショップは随時出店申込みが出来ていますが、それ以外については12月に公開が予定されている新しい簡単な管理画面が出来てから順次。。。となるのが要因。

楽天に出店しているお店のうち、毎年1万店舗くらいが、がんばれプランで挫折して退店をすると言われていますが、そういったお店と、中々売上が上がらないお店(100万円以下)くらいが、同じように売上が上がらないなら、固定費がかからないYahooショッピングの方がいいよって事で、そちらに流れていきそうです。

こないだのニュースで16000店って言ってたから、最終的に3万店舗が12月までに出店申込みをしそうな気がする。

それ以外に個人等で新たにお店を出したい方は12月以降に順次となるそうですけど、こちらもすでに1万件以上の申込みがあるそうです。

この辺りはBASEやSTORES.JP等、無料ネットショップ・ECサイト作成サービスを申し込んでいる店舗を囲い込みに向かって行ってるんじゃないでしょうか。

何て言ったってYahooにはリアルでもすごく使えるTポイントがありますからね。。。
今後もTポイントが使えるとなれば、出店を後押しし易いと思う。

作業は増えるけど、敢えてYahooショッピングを選ばない理由が孫さん嫌いとかYahoo嫌い以外に見当たらないので、これは間違いなく増えると。

そしてそれに群がるネットショップ系の各サービス運営会社

Yahooは色々と制限が厳しかったり、Yahooショッピング内でのSEOサービスがほとんど使えなかったりして難しい所ではあるのと、恐らくYahooが総力を上げて、お金が外に流出しないでYahooから提供する形にしてお金を取りたい(取らないとやばくない?)と思っているので。。。

SEOも出来ず、最近よくあるレビューがクルクル回ったり、ランキングとか、注文状況が動いたりとか、そういうのを月に数千円でYahooに申し込んで使えるようになれば、それはもう外部業者はコンサル以外に入り込む余地も無くなるので、運営者がネットショップ運営に専念、集中する環境になるので、誰にとっても非常にいいと思います。

楽天市場はどうやって反撃するのか。。。?

売上は維持しても、規模が小さくなると色々と困る事が出てくるんだけど。。。その辺はまた今度。

楽天離れも進行中

あ、とりあえずカラーミーショップのAPI無料化は特に誰にも影響がないと思われます。